浸水・断水時のエコキュート取り扱い方

スタッフブログ

浸水・断水時のエコキュート取り扱い方

日々のあれこれ

この度の豪雨災害に遭われた皆様、心からお見舞い申し上げます。

浸水被害や、断水になっている場所も多いと思います。
今回は、非常時のエコキュート使用方法をお伝えします。
エコキュートの中には、お湯がためてあります。
断水時など、緊急時にご使用しただけます。

エコキュートが浸水してしまった場合には、感電の恐れがございますので、
必ず、業者へ依頼をしてください。
また、作業手順が多くなっておりますので、
不安な場合も業者へ依頼をしてください。

〇浸水時
通電を止めてください。
漏電・故障につながる場合がございます。
ブレーカーまたは、本体についている漏電遮断器を「切」にする。
また、ヒートポンプユニットに泥水等が入った場合は交換が必要です。

〇断水時
給水側止水栓を閉じる。
断水復旧後、タンク内に濁った水が混入する可能性があります。

中の水は非常用水として使用できます。

断水が復旧した場合
①給水元栓を閉めていた場合
水栓の「水側」を出し、必ず水が汚れていないかを確認し、
汚れている場合は、透明になるまで水を出します。
確認後に給水元栓を開ける。
②給水元栓を閉めていなかった場合
元栓を閉めて①の手順を行います。
タンク内に汚れた水が入っている可能性があるので、
電源を切った上で、逃し弁を上げて、排水栓から全量排水をする。
3.タンクを満水にする
下図の手順に従って満水にしてください。

その後下図の手順に従って作業を行います。

空気が残っているとエラーが表示される可能性がございます。
満水にしてから電源をいれてください。

タンク内の水を使用した場合は
上記手順に合わせて、配管の空気も抜きます。

以上、エコキュートの使用方法でした。
緊急時には忘れてしまいがちですが、
断水した際には、エコキュート内の水が使用できます。
有効的に活用してください。

スタッフブログ一覧へ戻る