Warning: explode() expects parameter 2 to be string, object given in /home/kurahau/www/kurahau_wp/wp-content/themes/kurahau/functions.php on line 117
暑さを制する者は、住まいを制する?!断熱のススメ – 倉敷ハウジング

暑さを制する者は、住まいを制する?!断熱のススメ

現在、多くの方が抱える住まいの悩みトップ3は、「暑さ」「寒さ」「結露」といわれています。
これら3つの問題点は、すべて断熱で解決できることをご存知でしょうか。
なかでも、「暑さ」が断熱で解消できることは、意外と知られていないのが現状です。
今回は、快適に暮らすための断熱の重要性についてお伝えします。

猛暑イメージPH

体感温度で差がつく快適さ

夏の時期、エアコンの設定温度が低くても「全然、涼しくない」と感じたことはありませんか?
これは、外気の熱が室内に入りこんでしまい、壁や床などの室内表面温度がいつまでも下がらないためです。
一方、冬にエアコンの設定温度を高めにしてもなかなか暖かく思えないのは、
せっかく温められた空気が外へと逃げてしまい、室内の表面温度が低いままだからです。
つまり、同じ室温でも、部屋の表面温度と生活空間との温度差が小さいほど、
より過ごしやすい環境ということになります。

体感温度の図  ※クラハウカタログ参照

断熱レベル 低い/高い

※体感温度の計算式

屋外の熱や冷気を遮り、室温を上手にコントロール

では、どうすれば、季節を問わず快適に過ごせる環境を保つことができるのでしょうか。
ここでポイントになるのが、断熱材の存在です。

部屋の中の暑さは、直射日光を受けた屋根や外壁の熱が天井や壁を通して伝わることが原因のため、
しっかりとした断熱材を入れることで、屋外の熱を遮断できます。
また、冷房が効いた快適な室温を、壁を通して外へ逃さないのもまた断熱の優れた効果なのです。

冬の寒さを断熱材で防ぐという話は、近年広く知られるところとなりました。
しかし、断熱材の機能は日々進化しており最大限の効果を得るためには
確かな素材や工法選びが重要になってきます。

断熱の有無で決まる?!年間の省エネ度

断熱がなされていない家では、暖房の熱が80%逃げてしまいます。
また、冷房時は70%もの熱が侵入してきます。

データを見れば、年間の光熱費の違いは、一目瞭然ですね。
つまり断熱は、単に暑さや寒さを和らげるだけでなく、省エネ対策としても大変有効なのです。

年間冷暖房費比較図  ※クラハウカタログ参照

たかが断熱。されど断熱。外からは見えない部分ではありますが、
建ててからでは簡単に取り替えることができません。
快適さと省エネの要となるので、断熱材はしっかりと見極めて選びましょう。

一覧へ戻る