パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャー

「守りの家」では住まいづくりに欠かせない
「構造」「設計」「施工」の
3つの品質に徹底的にこだわりぬいた住宅工法の
パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャーを採用しています。

データに裏付けられた、強靭な住まい。

地震等の災害の教訓から、構造体を強化した住宅が増えてきました。その多くは構造に使われる部品(部材)を強いものにした家です。
しかし部品を強くしたからといって、災害に耐えられる家なのかどうかを、客観的に証明することは非常に困難です。
実際に災害が起こってみないと、本当の強さは分からないのだろうか…?
テクノストラクチャーはその疑問を追及し、独自の根拠に基づく「強い家」を実現しています。

強い構造の秘密1

「強い家」を支える強固な構造

災害や経年劣化によってたわみやすい梁。
そこに鉄を入れて補強したのがテクノビームという、
パナソニックオリジナルのハイブリッド梁です。
テクノストラクチャーの家では、このテクノビームを使い、
地震などの災害に対する強度を確保した上で
家づくりを行っています。

  • 01

    木+鉄の梁をサビから守ります。

  • 02

    梁を支える柱にもこだわります。

  • 03

    構造材をこだわりました。

  • 04

    強固な梁だけでは信頼の家は作れません。
    強靭な接合も重要です。

  • 05

    全棟地盤調査の上、最適な基礎設計を実施します。

  • 06

    建物全体も通気工法を採用することで結露も発生しにくく、
    建物の耐久性をしっかり確保しています。

強い構造の秘密2

388の構造計算で災害に「強い家」

自動躯体設計システムという、高度な構造設計を全棟で実施。
災害による建物へのダメージを、設計段階でしっかりチェックします。
さらに、阪神大震災クラス(震度7相当)のゆれを
5回にわたって加える振動実験をクリア。
激震に耐えうる高い構造強度が立証されています。

  • 01

    法律で定められたレベルよりも
    はるかに厳しい基準で設計しています。

  • 02

    最高レベルの耐震等級3(相当※)をクリアしています。

  • 03

    震度7の実大実験。
    実物大の住宅に地震波を加え、耐震性能を実証しています。

強い構造の秘密3

信頼される施工品質

テクノストラクチャーの住宅を建設できるのは、所定の研修を修了した、
地域の優良ハウスビルダーです。
認定を受けた施工管理者が現場を管理し、
地元に密着した顔の見える責任施工で安心をお届けします。

  • 01

    建ててみて「失敗した…」は許されません。
    厳しい審査や研修をパスした
    テクノストラクチャー工法採用ビルダーが施工します。

  • 02

    構造・部材・施工の3つの品質にこだわっています。

  • 03

    「住宅性能表示制度」をご存知ですか?

Menu

お問い合わせ・資料請求はこちら

FAX : 086-465-8750 Mail : info@kurahau.co.jp

ご要望やご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

ご入力いただきましたお客さまの個人情報、お問い合わせ内容等は、弊社にて厳重に取り扱い、 お客さまの同意がある場合を除き、
第三者に情報提供することはありません。