コラム

地盤改良って?土地の特徴に合わせた改良方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木造住宅を建てる際に、地盤調査があります。

家を建てるとその下の地面には常に60トンもの荷重がかかり続けます。

そのため、地盤が軟弱だと建物が傾き、窓やドアが開きづらくなったり基礎や外壁にひびが入ったりします。

さらに、隙間風や傾きなどの問題が生じます。

熊本地震など大きな地震が頻発し、住まいの安全性への関心はますます高まっています。

そんな中、今回は建物の耐震に比べて一般に情報が広まっていない印象の地盤調査に注目します。

 

木造地盤改良の種類

地盤改良には主に、「表層改良」「柱状改良」「鋼管杭」の3種類があります。

 

表層改良とは、軟弱地盤の層が地表から2メートル以内の場合にセメントで軟弱地盤層の強度を上げ、下部の良好地盤層と一体化させて支持地盤を造る工法です。

工期が短く費用が安い工法です。(図1)

表層改良
       (図1)

柱状改良とは、セメントの柱で地中から建物を支える地盤改良工法。

安くて最も一般的な工法です。(図2)

柱状改良
       (図2)

 

鋼管杭とは、鋼管で地中から建物を支える地盤改良工法。

鋼管なので材料費は高くなりやすいですが、高品質な工法です。(図3)

鋼管
       (図3)

 

木造地盤改良の選び方

様々な地盤が存在し、様々な地盤改良工法が存在します。 (図4)

地盤色々
       (図4)

地盤に適した工法を選定できれば、 地盤改良の品質を上げ、費用を削減することができます。

選び方は主に何時区地盤の深さで決められ、深さ1メートルまでが軟弱地盤の場合、表層改良を、深さ2メートル~8メートルまでが軟弱地盤の場合、柱状改良を、深さ8メートル~15メートルまでが軟弱地盤の場合、鋼管杭工法を検討します。

 

家を建ててしまうと、その下の地盤改良は難しく、部分的に補強できたとしても莫大な費用が掛かってしまいます。

どんなに建物の耐震性能が高くても、地盤が弱ければ安心して住むことはできません。

基礎も地盤にあったものを選んでいくことになるので、家を建てるときには「土地と建物は一体」と捉える必要があります。

 

Menu

お問い合わせ・資料請求はこちら

FAX : 086-465-8750 Mail : info@kurahau.co.jp

ご要望やご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

ご入力いただきましたお客さまの個人情報、お問い合わせ内容等は、弊社にて厳重に取り扱い、 お客さまの同意がある場合を除き、
第三者に情報提供することはありません。