コラム

耐震診断と耐震補強 総社市の場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山市と倉敷市の耐震補強について、以前コラムでご説明しました。

一般に補強工事にかかる費用や、有料診断・無料診断などについて詳しくご紹介しているので、総社市にお住まいの方もぜひご一読いただきたいと思います。

今回は、総社市の耐震診断と耐震補強について詳しくお話しします。

 

総社市では耐震診断の補助金はどのくらい?

総社市の耐震診断補助金は倉敷市と同じで、木造住宅1棟につき70,000円が費用として定められており、そのうち60,000円の補助が受けられるので実質負担額は10,000円ということになります。

これは200平方メートル以下の木造住宅の場合ですので、それ以上の家に住んでいたり、増築をしていたりして気になる方は建築指導課まで事前に問い合わせください。

さらに、耐震診断後の耐震補強計画も同じ価格・同じ補助金で実施することができます。

 

補助を受けられる対象は市内の民間住宅で昭和56年5月31日以前に着工された一戸建ての住宅(半分以上が住宅用)で、木造2階建以下の在来軸組工法のものと定められています。

 

耐震補強工事への補助金は?

総社市建築物等耐震診断事業の結果、倒壊の危険性があると判断された一戸建ての住宅で、同事業を活用した補強計画により行う耐震改修工事が期日内までに完了する住宅では、耐震改修工事費の23%(ただし補助額の上限500,000円まで)の補助を受けて工事を行うことができます。

 

耐震補強工事への補助金は?

さらに、総社市でも高齢者等が居住する住宅で、総社市建築物等耐震診断事業の結果、倒壊の危険性があると判断された住宅の改修等の工事が平成29年2月28日までに完了するものでは部分改修費用も補助を受けることができ、1棟あたり400,000円までと定められています。

 

他にも、総社市には耐震シェルターや防災ベッドの設置にも補助金が出る制度もあり、耐震シェルターの補助金が1棟あたり200,000円まで、防災ベッドは1棟あたり100,000円までと、高齢者を守ることのできる補助金も充実しています。

 
防災ベッド

耐震シェルターとは、家屋が倒壊しても一部屋の空間を確保し生命を守るための箱型の空間のことで、経済的な理由などで大がかりな耐震改修が出来ない場合などに採用されています。木材や鉄骨など色々なパターンがあり、家全体の強度が上がるといわれているものまで存在します。

また、防災ベッドとは、金属製のフレーム等でベッドの上部を覆いベッド内の人を保護し、就寝中の安全等を確保するものです。

どちらも1日から2日程度で設置することもできる手軽な設備ですので、総社市にお住まいの方は検討してみても良いかもしれません。

Menu

お問い合わせ・資料請求はこちら

FAX : 086-465-8750 Mail : info@kurahau.co.jp

ご要望やご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

ご入力いただきましたお客さまの個人情報、お問い合わせ内容等は、弊社にて厳重に取り扱い、 お客さまの同意がある場合を除き、
第三者に情報提供することはありません。