コラム

耐震診断と耐震補強 倉敷市の場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山市の耐震補強について、以前コラムでご説明しました。

一般に補強工事にかかる費用や、有料診断・無料診断などについて詳しくご紹介しているので、倉敷市にお住まいの方もぜひご一読いただきたいと思います。

今回は、倉敷市の耐震診断と耐震補強について詳しくお話しします。

 

倉敷市では耐震診断の補助金はどのくらい?
bbfa0e1e19562b3a5488c47cbfbd55e3_m

倉敷市にも、もちろん耐震診断の補助金制度があります。

木造住宅の場合、1棟につき70,000円が費用として定められており、そのうち60,000円の補助が受けられるので実質負担額は10,000円ということになります。

 

ただし、この補助金費用は、200平方メートル以下の木造住宅の場合です。200平方メートルを超える木造住宅で診断を検討される方や、増築等をしている場合は、建築指導課まで事前にお問い合わせください。

 

また、補助を受けられる対象の建物は以下の条件が定められています。

(1)昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅

(2)兼用住宅の場合は、建物の半分以上が住宅の用途であること

この内容に当てはまる方は、倉敷市のホームページより申請書をダウンロードしてご利用ください。

 

さらに、以上の診断で倒壊の可能性があると診断された木造住宅は、補強計画作成費の一部を補助してくれる制度も設けられています。こちらも一棟70,000円のうち60,000円が補助されますので、お役立てください。

 

耐震補強工事への補助金は?

(1)昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅

(2)兼用住宅の場合は、建物の半分以上が住宅の用途であること

(3)木造住宅耐震診断員による工事監理を受けること。

 

以上の条件をクリアした方は、 耐震改修工事費の50%(ただし補助額の上限600,000円まで)の補助を受けて工事を行うことができます。

また、倉敷市は地震時に避難が困難な高齢者等の命を緊急避難的に守ることを目的として、昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅の部分耐震改修工事費の一部を補助する制度を設けています。

 

(1)高齢者(65歳以上)又は障がい者の方が居住している世帯及び低所得者の世帯

(2)昭和56年5月31日以前に着工し,耐震診断及び部分耐震補強計画(※1)

   を実施しているもの。

(3)木造住宅耐震診断員による工事監理を受けること。

以上の条件を満たしている方は部分改修の補助を受けることができます。こちらも部分耐震改修工事費の50%を補助が受けられますが、補助金上限額は400,000円となっています。

 

同居している高齢者の命が守られる仕組みは、家族にとっても心強くて安心ですね。

この他にも倉敷市には耐震シェルターや防災ベッドなどの補助金制度もあります。倉敷市で耐震診断と耐震補強をお考えの方はホームページをご覧いただき、詳しくは倉敷市建設局建築部建築指導課までお問い合わせください。

 

Menu

お問い合わせ・資料請求はこちら

FAX : 086-465-8750 Mail : info@kurahau.co.jp

ご要望やご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

ご入力いただきましたお客さまの個人情報、お問い合わせ内容等は、弊社にて厳重に取り扱い、 お客さまの同意がある場合を除き、
第三者に情報提供することはありません。