コラム

耐震等級って何?地震に対する耐震性能レベルの基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫県南部地震の後、建物の構造設計者と建築主の間で、建物に作用する地震動の強さとその時に想定される損傷の程度について、共通の目安がなかったことが問題になりました。

しかし、地震は自然現象のため、地震に対する建物の性能の共通認識を取ることは難しいのです。
なぜなら、いつどの程度の地震が発生するかなど明確な基準が作りにくく、その時の建物への被害が予想しにくいからです。
また、建物がどんな揺れでどんな被害を受けるかという耐震性についても、確かな基準で表現するのは簡単なことではありません。

 

耐震等級の基準って?

「耐震等級」という言葉を聞いたことはありますか?

3段階に分かれている耐震等級の中で、等級1と建築基準法は同じ強さです。等級2はその1.25倍、等級3は1.5倍の地震力に対抗できる程度のものになります。

 

建物の耐震性の評価は難しい面もありますが、設計者と建築主が建物の耐震性に対して共通の認識を持つために、耐震性能のメニューがいくつか提案されています。図は耐震性能メニューの一例です。
図の横軸には地震のクラスを、縦軸には耐震性能レベルを示しています。(図1)

 

耐震等級と被害
         (図1)

 

建築基準法が定める最低基準として、中小地震では無被害で、大地震でも倒壊することなく人命を守ることを目標としています。

 

建物による耐震性能の違いは?

また、地震の際に避難先になる学校や、機能保持を行う必要のある病院、被災した場合周囲に影響を与える原子力発電所などではそれぞれに求められる基準は変わってきます。(図2)

建物ごとの耐震性能

(図2)

さらに、安全は法令の基準さえ満たせば達成できるわけではありません。安全性のレベルをどのように設定するかを協議した上で建物の設計されることが望ましく、これを性能設計と言います。

住宅に対してどのような補強対策を行うかは求める耐震性能にもよりますが、そのためには耐震性能への知識が不可欠となります。未来を守る住宅のために、少しでも皆様の知識としてお役立ていただければと思います。

Menu

お問い合わせ・資料請求はこちら

FAX : 086-465-8750 Mail : info@kurahau.co.jp

ご要望やご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

ご入力いただきましたお客さまの個人情報、お問い合わせ内容等は、弊社にて厳重に取り扱い、 お客さまの同意がある場合を除き、
第三者に情報提供することはありません。