コラム

土地選びのポイントは? 地盤から見る地震に強い土地

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家を建てる時に土地探しを行う方が気になる点は「環境・地盤」ではないでしょうか?

長く住むのですから、せっかく手に入れた土地が実は軟弱地盤で、建てた家が傾いたということがあってはいけません。

地震に強い家づくりのための土地探しには、地盤について知っておくことも大切なポイントです。

 

軟弱地盤はどうやって調べるの?

実際に土地の見学に行ってみることをオススメします。

周辺よりも低くなっている土地は大雨などのときに水が集まりやすく、地盤が弱くなっていることもあります。

周囲の家の基礎部分に亀裂などがあるとき、あるいは周辺で複数の電柱がばらばらに傾いているときなども注意が必要です。

日本は世界的にも軟弱地盤が多いと言われていて、海・河川・池、湖沼のそば・田んぼなどを埋め立てた土地も軟弱地盤の可能性が大きいです。

比較的地盤が安定している所はというと台地や丘陵地帯。開発されて時間の経過した所はリスクが少なく、人気も高いようです。

 

他にも、傾斜地はそのままでは有効に利用できないため、通常は盛り土または切り土によって平らな土地に造成します。

切り土は元の地山を切り取った部分なので比較的地盤は安定していますが、造成されてまもない盛土部分は土が十分に締め固められていないことが多く、軟弱地盤の可能性があります。

 傾斜した土地

        (図1)

図1をご覧いただき、土地Aはもとの地山のままですが、土地Bは切り土と盛土が混在しており、盛土部分の締め固めが不十分な場合には地盤の強さが図中の赤と青の部分で異なるため不同沈下を起こす可能性があります。

可能なら土地A、もしくは切り土だけの安定した土地を選んだ方がリスクは少なくなるでしょう。

 

地震のメカニズムはかなり解明されてきましたが、まだ予知はできません。

現段階では、土地を実際に見学する、

各自治体のWebサイトにあるハザードマップ地震関連情報を参考にする、

「土地条件図(地国土地理院が発行)」を参考にして土地のおおよその特徴を調べるなど、リスクを回避するのが最善です。

 

軟弱地盤だとどうなるの?改良できるの?

地盤調査は積極的に取り入れられているようですが、それは土地を購入してからの工程。

もし、地盤調査で軟弱地盤と判定されると、基礎をより強固なものにする必要があり、予算をオーバーする可能性もあります。

 

また、軟弱地盤は地震の揺れが大きくなる傾向にあり、傾斜地では軟弱地盤に多くの雨が降ると土砂崩れの恐れが高くなります。

他にも、地震の揺れにより個体であった地盤が液体のように変化する「液状化現象」が起こり、その上の建物が沈下したり傾いたりすることがあります。

 

地震大国と言われる日本は、どこに居ても自然災害に遭う可能性はゼロではありません。

軟弱地盤を含む土地に住まう場合は、それに合う地盤改良工事や基礎を選ぶことがポイントになります。

Menu

お問い合わせ・資料請求はこちら

FAX : 086-465-8750 Mail : info@kurahau.co.jp

ご要望やご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

ご入力いただきましたお客さまの個人情報、お問い合わせ内容等は、弊社にて厳重に取り扱い、 お客さまの同意がある場合を除き、
第三者に情報提供することはありません。