コラム

制震住宅のメリットとデメリットを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戸建て市場の中でも耐震住宅に次いで地震対策を考えた住宅として導入されているのが制震住宅。耐震性を考慮した住宅を建てようとお考えの方の中にも制震住宅を選ぶべきなのかどうかとお悩みの方もいることでしょう。そこで今回は家づくりのプロの視点で制震住宅に関する解説しますので制震住宅についてよく知らなかったという方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

制震住宅とは

制震住宅とは、建物の内部にダンパーなどを設置することによって地震の揺れを吸収するための工法を用いた住宅のことを制震住宅といいます


 

制震住宅のメリット

制震住宅は地震による振動を建物内部に設置した制限装置が吸収し、建物の変形を小さくする効果があるため、地震が起こった際の建物自体の損傷を軽減することができるというのが大きな特長です。建物の変形を防ぐことによってクロスの破れや歪みなど内装の被害を抑えるという点もひとつの特長となります。また、免震住宅とは違い建物内部への対策となるため、地盤が軟弱な地域では導入できないということや狭小地などには不向きというなど特に制約はありません。

 

 

制震住宅のデメリット

制震住宅のデメリットとしては免震住宅ほどではないものの、耐震住宅と比べてコストが割高になる点です。費用としては約50~100万円程度となるためオプションとしてはやや割高感を感じるという方もいるようです。また、建物内部に設置した制震ダンパー自体が劣化する恐れがあるため、定期的な制震装置のメンテナンスが必要となります。当然、その際はメンテナンス費用が必要となります。そして、建物内部に設置する制震装置はどの場所に設置してもいいというわけではなく予め行った構造計算に基づいて設置する場所を決めていきます。そのため、制震装置の設置場所によっては設計上の制約でる場合もあります。

 

Menu

お問い合わせ・資料請求はこちら

FAX : 086-465-8750 Mail : info@kurahau.co.jp

ご要望やご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

ご入力いただきましたお客さまの個人情報、お問い合わせ内容等は、弊社にて厳重に取り扱い、 お客さまの同意がある場合を除き、
第三者に情報提供することはありません。