コラム

何が違うの?耐震構造・制震構造・免震構造について解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

耐震住宅を検討中の方なら一度は耳にしたことがある「耐震」「制震」「免震」の3つのキーワード。どれも地震の揺れから建物を守るために用いられる構造となりますが、その違いが分からないという方に向けて「耐震」「制震」「免震」それぞれの特長をご紹介いたします。岡山県内で耐震住宅を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

耐震構造

耐震とは柱や梁など建物の構造を頑丈にすることによって、地震が起こった際の力に対して耐えうるだけの強度で造る構造となります。

現在、日本の建物の地震対策として用いられる多くの構造となっています。

p05

制震構造

制震構造とは、建物の内部にダンパーなどを設置することによって地震の揺れを吸収するための構造のことをいいます。地震が起こった際は上階になればなるほど揺れが大きくなるため高層ビルなどの高い建物には、効果的な工法だといわれています。また、耐震構造と比較するとコストはアップし、設置コストとしては50~100万円ほどを要します。

p04

免震構造

免震構造とは建物自体の強度を図る構造ではなく、建物と地盤の間にゴムやベアリングと呼ばれる装置を配置することによって地震が起こった際の力を建物に伝えないようにするための構造です。耐震構造や制震構造に比べ地震が起こった際の力を大幅に軽減できるといわれていますが、横揺れには対応しているものの直下型地震が起こった際の縦揺れの場合は効果が薄いともいわれています。また、設置するためには300~500万円ほどのコストがかかってしまうため、その他の工法と比べ設置コストが高い点も特長です。そして軟弱な地盤の場合は免震装置の設置ができない可能性もあります。

p03

Menu

お問い合わせ・資料請求はこちら

FAX : 086-465-8750 Mail : info@kurahau.co.jp

ご要望やご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

ご入力いただきましたお客さまの個人情報、お問い合わせ内容等は、弊社にて厳重に取り扱い、 お客さまの同意がある場合を除き、
第三者に情報提供することはありません。