コラム

ベタ基礎は構造計算が必須!構造計算で安心の家づくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建物の基礎の種類やその特徴・考え方について、前回のコラムをお読みいただいた方は概ねご理解いただけたのではないかと思います。

しかし、一般に多く採用されているベタ基礎は、過信してはいけない場合もあります。

ベタ基礎の能力について、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

 

「ベタ基礎」ってどう作るの?

まず、基本的な構造として、前回お話したベタ基礎のコンクリート部分には鉄筋が入っており、鉄筋コンクリート構造になっています。

板状の「耐圧版」が梁で囲まれていて、基礎梁と耐圧板の組み合わせで、ベタ基礎ができます。(図1)

ベタキソ①

      (図1)

さらに、そのベタ基礎の区画が組み合わさり、住宅に使用される大きなベタ基礎ができます。(図2)

ベタキソ②

      (図2)

 

「ベタ基礎」にも危険な設計がある!

このとき、耐圧版は基礎梁を切断しないように作られますが、構造計算していないベタ基礎では、梁部分が切断された様子や、全ての耐圧盤が同じ配筋になっている様子が見られます。
これは「ベタ基礎が強い」という誤解から生じる危険な設計です。

固い地盤に固い基礎が施行されているので、構造計算をする必要がないと誤解されやすくなってますが、一般的な鉄筋コンクリートと同じで、変形や歪みを引き起こす可能性は十分にあります。

ベタ基礎も正しい構造計算がなされることで、初めてその性能を十分に発揮することができるのです。

 

構造計算で安心の基礎作りを!

建築基準法で定められているため、基礎の選定は概ね問題ないと記載しましたが、内容については不安な点が残ります。

建築基準法では、場所によって鉄筋の最小の太さが決められているだけで、どのような形、重さの住宅でも一律同じ仕様で良いとされているのです。

テクノストラクチャー工法では、基礎の強さ・住宅を支える地盤の強さについてチェックします。

地震時や暴風時に実際に基礎にかかる力を計算し、その力に耐えられるよう太さや配置を決めます。

大きな力がかかる部分には太い鉄筋を入れたり、本数を増やしたりして、お客様の家ごとに異なる仕様で最適な基礎を設計します。

 

基礎というのは文字通り、家を支える土台。

「基礎に力を入れたいから、多少大げさでも強い基礎を依頼したい」と相談をする方もいらっしゃいます。

いつ起きてもおかしくない大地震に備えるという意味では、基礎を大切にするのはとてもよい考え方です。

一生に一度の買い物になるかもしれない、家族を守るマイホーム選び。

間取りごとに異なる、最適な基礎設計をオススメします。

Menu

お問い合わせ・資料請求はこちら

FAX : 086-465-8750 Mail : info@kurahau.co.jp

ご要望やご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

ご入力いただきましたお客さまの個人情報、お問い合わせ内容等は、弊社にて厳重に取り扱い、 お客さまの同意がある場合を除き、
第三者に情報提供することはありません。