コラム

もし地震が起きたら・・・地震保険は車や家具は補償してくれるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本大震災以降、いざ地震が起きた際のためにと地震保険へ加入されるかたも増えはじめているようです。地震保険の内容についても2017年1月1日より被害の割合が3区分から4区分に変更になるなど、加入者にとってマイナスにならないよう改定が行われました。

以前の記事でも、地震保険の内容について触れましたが、本日はもし地震による被害に合った場合に建物以外の補償はどうなるのかということについてご紹介いたします。岡山県内で住宅購入を検討中の方で、地震保険について事前に知っておきたいという方はぜひ参考にしてみてください。

 

地震保険の対象は「建物と家財」の2種類に分けられています

まず、知っておくべき点としては地震保険が「建物」と「家財」の2種類に分けられているということです。そのため、地震保険に加入する場合は、保険加入時に建物だけの加入をするのか、それともどちらも加入をするのか考えて加入しましょう。また、すでに地震保険に加入している場合は、現在の加入状況を確認してみましょう。

家・家財 

 


家財には何が含まれているか
434bdd09bf9ba6023f6a6c95bc3461bd_m

では、家財とは何を指すのかという点ですが家財とは、家具や家電製品など生活をするための物を指します。そのため、貴金属や宝石、美術品などは原則対象外となります。家財といっても加入される方によって捉え方は異なるため、必ず加入時に何がどのくらい補償されるのか確認することをおすすめいたします。

 

地震によって車に被害が起こった場合は対象となるの

2f139b5c25c67863692d988a2d1c4a7c_m 

もし、地震によって所有している車に被害が合った場合ですが、車についても貴金属や宝石、美術品同様に補償の対象外となります。この場合、補償となるのは車両保険となりますが、通常の車両保険では、地震でマイカーが破損したとしても補償はされません。全ての会社ではないようですが、地震や津波などの自然災害による被害の場合でも補償対象に広げることができる損害保険会社もあるようなので、いざ地震被害に合った場合に車の補償もしてもらいたいと考えている方は事前に加入を検討している損害保険会社に確認をしてみましょう。

 

Menu

お問い合わせ・資料請求はこちら

FAX : 086-465-8750 Mail : info@kurahau.co.jp

ご要望やご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

ご入力いただきましたお客さまの個人情報、お問い合わせ内容等は、弊社にて厳重に取り扱い、 お客さまの同意がある場合を除き、
第三者に情報提供することはありません。